コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

燐火 リンカ

2件 の用語解説(燐火の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

りん‐か〔‐クワ〕【×燐火】

墓地や湿地で発生する青白い火。人魂(ひとだま)。鬼火。狐火(きつねび)。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典内の燐火の言及

【鬼火】より

…怪火の一つで,暗い雨夜に湿地や墓地などで燃えるという火。燐火(りんび),人魂(ひとだま),火の玉ともよばれ,形は円形,楕円形,杓子形などで尾をひいて中空をとび,青色のほか黄色や赤色の火もある。人が死ぬと同時にその家の藪から青白い火の玉が出るとか,人の魂は家から知人の所へまわってから寺へ入るなどともいう。…

※「燐火」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

燐火の関連情報