燐火(読み)リンカ

大辞林 第三版の解説

りんか【燐火】

墓地・沼沢などで自然に燃える青白い火。リンが燃える現象という。鬼火。狐火。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

りん‐か ‥クヮ【燐火】

〘名〙 雨の降る夜や闇夜などに墓地や山野沼沢で燃えて浮遊する青白い火。化水素の燃焼などによる現象という。鬼火(おにび)。人魂(ひとだま)。狐火(きつねび)
※幻雲詩藁(1533頃)二・月夜経古戦場「須臾天暗吹成雨、火光青白骨城」 〔庾信‐連珠〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の燐火の言及

【鬼火】より

…怪火の一つで,暗い雨夜に湿地や墓地などで燃えるという火。燐火(りんび),人魂(ひとだま),火の玉ともよばれ,形は円形,楕円形,杓子形などで尾をひいて中空をとび,青色のほか黄色や赤色の火もある。人が死ぬと同時にその家の藪から青白い火の玉が出るとか,人の魂は家から知人の所へまわってから寺へ入るなどともいう。…

※「燐火」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

タピオカドリンク

中国茶や紅茶などに球状のタピオカを入れた台湾発祥の飲料。「タピオカティー」とも呼ばれ、米国やアジア諸国で人気を集めている。日本では1990年代に台湾のチェーン店が進出して以来、若い女性を中心に幾度もブ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android