コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

火山岩体 かざんがんたいvolcanic body

岩石学辞典の解説

火山岩体

火山噴出物の堆積によって新たにでき上がった凸地形で,とくに中心噴火による円錐形に近い外形のものをいう場合が多い.火山の外形は熔岩の化学組成とともに岩石の粘性に関係し,粘性が高いと流動し難く火口中あるいは火口からでてもすぐ固化する.熔岩の粘性が低いと熔岩の流動性に富んだ熔岩流となり遠くまで到達するため,火山の形はより平坦となる.

出典|朝倉書店岩石学辞典について | 情報

火山岩体の関連キーワード大島(東京都)火山噴出物変成帯火山筒

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android