火斗(読み)カト

大辞林 第三版の解説

かと【火斗】

火を運ぶ器具。十能じゆうのう
火のし。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

か‐と クヮ‥【火斗】

〘名〙
① 火を運ぶ器(うつわ)。十能。せんば。
※漂荒紀事(1848‐50頃)二「此窖を掘る用器四物、耒及鋤、火〈じょりんの代用也〉、蕢なり」
② 炭火を器に入れて衣服などの皺(しわ)をのばす器具。ひのし。熨斗(うっと)。〔和漢三才図会(1712)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

人望

信頼できる人物として、人々から慕い仰がれること。「人望を集める」「人望を失う」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android