コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

十能 じゅうのう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

十能
じゅうのう

オカキ,ヒカキ,スミカキ,センバともいう。点火している炭火を運んだり,かき落したりする道具。金属性の小型スコップ状のものが多い。炭火を運ぶだけのものには,金属製の椀状容器に木製の台と柄をつけたものがある (台十能ともいう) 。スコップ状のものは石炭ストーブの石炭補給や灰を取出すのにも用いられた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

じゅう‐のう〔ジフ‐〕【十能】

炭火を入れて持ち運ぶ道具。金属製の容器に木の柄をつけたもの。じゅうの。 冬》

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

じゅうのう【十能】

炭火を載せて運ぶための、柄のついた器またはスコップ。ひかき。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

十能
じゅうのう

炭火を運んだり、火をかきおこすための道具。炭火を運ぶものは、金属製の鍋(なべ)型容器に木製の柄(え)がつき、また火をかきおこすためにはスコップ型の道具を使い、両者をあわせて十能という。江戸時代の初めに考案され、『物類称呼』によれば、スコップ型を京都では「をきかき」、江戸・大坂では「じふのう」とよび、運搬用は江戸では「台じふのう」というとある。このことからも、火をかきおこすスコップ型が、本来の十能の用途であると思われる。[森谷尅久]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

十能の関連キーワード火掻き・火搔き燠掻き・燠搔き火掻き燠掻き火斗炭斗台十

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android