コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

火縄売り ヒナワウリ

デジタル大辞泉の解説

ひなわ‐うり〔ひなは‐〕【火縄売り】

江戸時代、芝居小屋などで、観客の喫煙用の火縄を売り歩いた人。役者の出入りに声をかけることや、客の整理などもしたという。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ひなわうり【火縄売り】

江戸時代、劇場でタバコの火つけ用の火縄を売った人。客の雑用や舞台の手伝いもした。火縄。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

火縄売りの関連キーワード市川小団次(4世)市川小団次(4代)歌舞伎俳優の屋号市川小団次江戸時代明和伎鑑高島屋半畳

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android