留(め)場(読み)トメバ

精選版 日本国語大辞典の解説

とめ‐ば【留場】

〘名〙
江戸時代、一般の人の狩猟や漁労を禁じた所。
※梅津政景日記‐慶長一七年(1612)閏一〇月一二日「内膳殿、さかな町橋の下より舟にめし、留場へ御出被成候」
② 江戸時代の歌舞伎劇場で、無銭入場者を防いだり、場内での喧嘩などを制止したりする役。また、その役の人がいた木戸口に近い花道揚幕際の場所。特に、観客の騒ぎを鎮めるため、舞台下手の半畳の上にすわる役の人。
※談義本・根無草(1763‐69)後「足を踏れし諠譁には、留場(トメバ)来りてかつぎ出す」
③ 終わり。かぎり。とめど。
※俳諧・句兄弟(1694)中「そっくりと為替ととのふ大晦日〈介我〉 とめばをしらぬこひもする哉〈其角〉」
④ 隠しておく所をいう、不良仲間の隠語。
※いやな感じ(1960‐63)〈高見順〉四「チョッキにピストルのトメバ(かくし場)を作ってくれたあの親切を」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の留(め)場の言及

【鷹場】より

…留場,狩場ともいう。本来は領主が放鷹(ほうよう)(鷹狩)を行う場所のこと。…

※「留(め)場」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

日米安全保障条約

1951年9月8日に対日講和条約と同時に署名された「日本国とアメリカ合衆国との間の安全保障条約」Security Treaty between Japan and the United States ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android