コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

火色 ヒイロ

デジタル大辞泉の解説

ひ‐いろ【火色】

火の色。また、高温に熱した鉄などの光る色合い。
火のような深紅の色。
襲(かさね)の色目の名。表・裏ともに薄紅

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ひいろ【火色】

高温に熱した物体の光っている色合い。
陶磁器の表面にあらわれる赤い斑紋。
火のような濃い紅色。
かさねの色目の名。表・裏とも紅の打ったもの。四季通用。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

火色の関連キーワード伊奈長三(4代)伊奈長三(2代)ファイアレッド信楽古窯跡群野焼き・野焼片岡亀玉宮重忍斎片岡二光水野梅寿志野陶色合い常滑焼陶磁器焙烙緋色深紅禁色色目物体高温

今日のキーワード

主婦休みの日

1、5、9月の25日。年3回。株式会社サンケイリビング新聞社が制定。主婦にはリフレッシュ、ほかの家族には家事を提唱する。年末年始、ゴールデンウィーク、夏休みといった忙しい期間の後に設定されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android