コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

火色 ヒイロ

デジタル大辞泉の解説

ひ‐いろ【火色】

火の色。また、高温に熱した鉄などの光る色合い。
火のような深紅の色。
襲(かさね)の色目の名。表・裏ともに薄紅

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ひいろ【火色】

高温に熱した物体の光っている色合い。
陶磁器の表面にあらわれる赤い斑紋。
火のような濃い紅色。
かさねの色目の名。表・裏とも紅の打ったもの。四季通用。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

火色の関連キーワード伊奈長三(4代)伊奈長三(2代)ファイアレッド信楽古窯跡群野焼き・野焼水野梅寿宮重忍斎片岡二光片岡亀玉志野陶色合い常滑焼陶磁器焙烙緋色深紅物体色目禁色高温

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android