火薬類(読み)かやくるい(英語表記)explosives

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

火薬類
かやくるい
explosives

利用価値のある爆発物で,火薬 low explosive,爆薬 high explosiveおよび火工品 pyrotechnics; explosive deviceに分けられる。火薬は,燃焼を利用するもの,爆薬は爆轟を利用するもの,火工品は火薬または爆薬を使用目的に応じて加工したものである。一般に不安定な固体,液体で,その一部に加えられた熱または衝撃によって急速な化学変化を引起し,多量の熱とガスを発生し,局部的に急激な高圧高温を出現することによりさらに他の部分にも急激な化学変化を起すものである。爆薬のうち特に敏感で,わずかな衝撃,摩擦または点火などによって容易に爆轟を起すものを起爆薬といい,アジ化鉛,アセチレン銀,ジアゾジニトロフェノールなどがある。それ以外の爆薬にはダイナマイトやトリニトロトルエンなどがある。火薬には黒色火薬,無煙火薬のような銃砲用発射薬や,ロケット推進薬などがある。また火工品には導火線雷管,信管などがある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

山鉾

神社の祭礼に引かれる山車の一つ。車の台の上に家や山などのつくりものをして,その上に鉾やなぎなたなどを立てたもの。平安時代の大嘗祭に悠紀(ゆき),主基(すき)の両国から出された標山(しるしのやま)に始ま...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

火薬類の関連情報