コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

起爆薬 きばくやくprimary explosive; initiating explosive

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

起爆薬
きばくやく
primary explosive; initiating explosive

通常の爆薬では爆発を起せないような小さなエネルギーでも容易に爆轟する,きわめて鋭敏な爆薬。ジアゾジニトロフェノールアジ化鉛などがあり,点火薬として用いられる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

起爆薬【きばくやく】

きわめてわずかの刺激を受けただけで爆発する鋭敏な爆薬。爆薬を爆発させるための点爆薬や,火薬を燃焼させるための点火薬の成分として雷管火管に使用。古くから雷汞(らいこう)やアジ化鉛が使用されていたが,近年工業的にはジアゾジニトロフェノールが多く用いられる。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

きばくやく【起爆薬 initiator】

火薬や爆薬を点火または起爆して爆発反応を起こさせるために用いられる爆薬。熱,打撃,摩擦などのわずかな刺激で確実に爆発する。火薬【吉田 忠雄】

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

きばくやく【起爆薬】

わずかな衝撃によって爆発し、共存する火薬の点火剤として用いる爆薬。雷酸水銀(Ⅱ)やアジ化鉛など。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

起爆薬
きばくやく
initiating explosiveprimary explosive

火薬や爆薬を点火・起爆して爆発反応をおこさせるために用いられる爆薬。わずかな熱エネルギー、打撃、摩擦などで確実に爆発する。起爆薬のなかには、ジアゾジニトロフェノール(DDNP)、アジ化鉛などがある。[吉田忠雄・伊達新吾]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の起爆薬の言及

【工業雷管】より

…1864年にA.ノーベルは銅管体に雷汞(らいこう)を詰めた雷汞雷管を発明し,これらの新しい高威力爆薬を確実に爆発させることに成功した。現在用いられている雷管は,管体の底部に添装薬を,その上に起爆薬を詰め,さらに穴のあいた内管でふたをした混成雷管で,導火線を挿入して口じめをして使用する。管体の材質は銅,アルミニウム,鉄である。…

【爆薬】より

…爆薬には一次爆薬と二次爆薬がある。前者は打撃,摩擦,加熱などによって確実に起爆される物質で,起爆薬とも呼ばれる。後者は起爆薬または伝爆薬などの助けを借りて,かなりの量のエネルギーを集中的に与えることで初めて確実に爆発する物質で,爆破作業を目的とする爆破薬blasting explosiveや,砲弾などに装てんして炸裂させるための炸薬bursting explosiveとして用いられる。…

※「起爆薬」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

起爆薬の関連キーワード江川太郎左衛門ピクリン酸テトラセン河喜多能達工業雷管雷酸水銀電気発破水素爆弾電気雷管火薬類火縄銃発火薬伝爆薬口薬火皿

今日のキーワード

日馬富士 公平

大相撲力士。身長186センチ、体重137キロ。1984年4月14日生まれ、モンゴル・ゴビアルタイ出身。伊勢ヶ濱部屋に所属。本名はダワニャム・ビャンバドルジ。2001年1月の初場所で初土俵、2012年1...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android