コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

周産期 しゅうさんき

妊娠・子育て用語辞典の解説

しゅうさんき【周産期】

広義では、妊娠してから生後4週間の時期を指します。狭義では、妊娠22週から、生後7日未満までの時期を指す言葉です。

出典 母子衛生研究会「赤ちゃん&子育てインフォ」指導/妊娠編:中林正雄(愛育病院院長)、子育て編:多田裕(東邦大学医学部名誉教授) 妊娠・子育て用語辞典について 情報

デジタル大辞泉の解説

しゅうさん‐き〔シウサン‐〕【周産期】

出産前後の期間ICDでは、妊娠22週から出生後7日未満までの期間とする。周生期

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

周産期【しゅうさんき】

妊娠28週から出産後7日までの期間をいう。この時期は,胎児新生児母体障害が起こりやすい。そこで,従来は産科の領域だったこの時期に,胎児や新生児に障害が起こったときに迅速に対応できるよう,産科と小児科が協力して,母児ともに総合的に管理し,分娩を迎えようという考えかたから,周産期医学が成立した。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

栄養・生化学辞典の解説

周産期

 周生期ともいう.分娩前の胎児期と分娩後の新生児期.ヒトでは妊娠28週から出産7日齢まで.

出典 朝倉書店栄養・生化学辞典について 情報

大辞林 第三版の解説

しゅうさんき【周産期】

出産前後の期間。妊娠第二二週から生後七日までをいう。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

周産期
しゅうさんき
perinatal period

母親からみれば分娩(ぶんべん)、新生児からみれば出生の周辺期を意味し、医学的にも医療上でも、母体および胎児・新生児の二つの生命を対象として、分娩と出生という人生においてもっとも劇的でありかつ危険に満ちた時期である。通常は、統計用語の周産期死亡(妊娠後期の死産と早期新生児死亡を加えたもの)から転用した医学用語として用いられ、新生児の適応生理をはじめ、きわめて特異的な病態生理が介在するときを意味する。近年は、出生前後のときに限らず、母体、胎児から新生児、さらにはその予後までを含む幅広い領域を担当する診療科が、周産期センターという名称で設置されている。
 周産期医療は母体・胎児の管理を行う産科と、新生児管理を行う小児科の協力によって行われる。新生児医療の進歩に伴い、新生児死亡の大半が先天性疾患および仮死であり、胎児の疾患および状態を羊水分析や超音波などを用いて行う出生前医学が、従来の産科学、新生児学に加わってきた。[仁志田博司]
『仁志田博司編著、鈴森薫・森川功著『出生をめぐるバイオエシックス――周産期の臨床にみる「母と子のいのち」』(1999・メジカルビュー社) ▽仁志田博司著『産科スタッフのための新生児学――出生から退院までの医療とリスク管理』(2002・メディカ出版)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の周産期の言及

【周産期医学】より

…周産期における母児の医学的・生物学的問題を研究する学問をいう。具体的には,正常あるいは異常な環境における胎児の生理や病態生理,分娩に伴う胎児の生理的変化,子宮内因子や出生後の外的因子に影響される新生児の医学が研究の対象となる。…

※「周産期」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

周産期の関連キーワード女性が求める妊娠・出産・産後のケア周産期医療情報ネットワーク地域周産期母子医療センター総合周産期母子医療センター唐津赤十字病院の移転計画お産と新生児医療の体制さいたま新都心医療拠点周産期母子医療センター救急医療情報システム県の地域医療再生計画周産期連携病院カンガルーケア予定日超過妊娠周産期医療施設社会医療法人魚沼基幹病院早期母子接触脳性小児麻痺地域医療計画周産期死亡率

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

周産期の関連情報