コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

火須勢理命 ほすせりのみこと

世界大百科事典 第2版の解説

ほすせりのみこと【火須勢理命】

日本神話にみえる神の名。記紀神話で,天孫の瓊瓊杵(ににぎ)尊と山神の女の木花開耶姫(このはなのさくやびめ)との間に生まれた3子の一人。火進(ほすすみ)命という別名を参照すれば,火を放たれた産屋(うぶや)の焰が盛りのときに生まれたための命名と考えられる。元来は稲穂にちなむ名であろう。その兄火照(ほでり)命と弟火遠理(ほおり)命の葛藤の話が《古事記》の海幸・山幸物語である。ただし《日本書紀》本文では,ホスセリが第1子山幸とされ,第2子ヒコホホデミ(ホオリ)と争う話になっている。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

火須勢理命の関連キーワード火闌降命海幸

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android