火遠理命(読み)ほおりのみこと

百科事典マイペディア「火遠理命」の解説

火遠理命【ほおりのみこと】

彦火火出見尊(ひこほほでみのみこと)とも。《古事記》では海幸・山幸(うみさちやまさち)説話の山。《日本書紀》では瓊瓊杵(にに)の子で,母の木花開耶(このはなのさくや)姫が一夜で妊娠したのを疑った父が産屋に火をかけ,その中から生まれたとする。海神の娘豊玉姫と結婚し,ウガヤフキアエズノミコトを得る。孫の神武天皇もヒコホホデミの別名をもつ。
→関連項目豊玉姫

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版「火遠理命」の解説

ほおりのみこと【火遠理命】

日本神話にみえる神の名。記紀神話で,天孫瓊瓊杵(ににぎ)尊と山神の女の木花開耶姫(このはなのさくやびめ)との間に生まれた3子のうちの末弟(《古事記》),もしくは第2子(《日本書紀》)とされる(この兄弟の生まれた順序や名前には異伝が多い)。別名彦火火出見(ひこほほでみ)尊。燃えさかった産屋(うぶや)の焰が衰えたときに生まれたための命名である。元来は稲穂にちなむ名であろう。狩猟が得意で山幸(やまさち)とも呼ばれた。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の火遠理命の言及

【海幸・山幸】より

…記紀にみえる神話の一つ。天照大神(あまてらすおおかみ)の孫で葦原中国(あしはらのなかつくに)の支配者として降臨した瓊瓊杵尊(ににぎのみこと)には3子があったが,そのうち長兄火照命(ほでりのみこと)と末弟火遠理命(ほおりのみこと)(穂穂手見命(ほほでみのみこと))は,それぞれ海の漁山の猟を得意としたので,海幸彦・山幸彦ともよばれた。この2人の物語は,兄弟の葛藤の話と,山幸の海神宮訪問そして海神の女との結婚の話とからなる。…

※「火遠理命」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

急急如律令

中国漢代の公文書の末尾に、急々に律令のごとくに行え、の意で書き添えた語。のち、呪文(じゅもん)の終わりに添える悪魔ばらいの語として、道家・陰陽師(おんようじ)・祈祷僧(きとうそう)などが用いた。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android