コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

火風 カフウ

デジタル大辞泉の解説

か‐ふう〔クワ‐〕【火風】

火と風。
火炎を伴った風。
「青色の鬼神顕れ出でて…―その口より出でて」〈太平記・三九〉

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

かふう【火風】

火と風。
火炎を伴った風。 「青色の鬼神現れ出て…-その口より出て/太平記 39

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

火風の関連キーワードアジタ・ケーサカンバリンパクダ・カッチャーヤナパクダ・カッチャーヤナバイシェーシカ学派阿毘羅吽欠蘇婆訶アージービカ派エンペドクレスローカーヤタ派五つの借り物インド神話遠藤利克六師外道四百四病ユーカラ四つの蛇五重の塔順世派アジタ五輪書多元論

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

火風の関連情報