コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

灯浮標 トウフヒョウ

3件 の用語解説(灯浮標の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

とう‐ふひょう〔‐フヘウ〕【灯浮標】

航路標識の一。浮標に点灯装置をつけ、暗礁や浅瀬を示すもの。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

灯浮標【とうふひょう】

航路標識の一種。暗礁や浅瀬に設けて船の乗上げを防止するブイ。灯火によってその位置を示す夜標であるが,昼標としても有効。ブイでない同様の標識は灯標と呼ぶ。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

灯浮標
とうふひょう
light buoy

船舶に岩礁・浅瀬などの障害物の存在を知らせたり、航路を示すために、錘(おもり)や錨(いかり)で海底の定位置につないで海面に浮かべた構造物で、灯光を発するものをいう。昼夜を問わず有効なように、昼間は標体や頭標の塗色と形により、夜間は光の色や光の出し方によって浮標設置の目的・意味を航海者に知らせるようになっていて、これを浮標式という。各国の浮標式がばらばらでは、航海者に混乱を与え、海難の原因ともなるので、国際的に統一されている。
 灯浮標は主として内海や港の内外などで用いられ、光力も弱く、光達距離も3~7海里程度である。[川本文彦]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の灯浮標の言及

【航路標識】より


[航路標識の種類]
 (1)夜標 灯火によってその位置を示し,特定の灯光信号を発して,主として夜間航行の目標とするが,昼間の目標としても十分効力のある構造と彩色を備えている。夜標の種類としては,遠距離からの目標あるいは港湾および沿岸航路の標識となる灯台,暗礁や浅瀬上に設置し,乗揚げを予防する灯標,暗礁や浅瀬を示し乗揚げを予防し安全な航路を表示するブイ形式の灯浮標,沖合または航路上重要な位置に定置する灯船,航行困難な狭水道や狭い湾口,港口などの航路線を2個以上の標識で示す導灯,狭水路などを安全航行できるように可航水路を白光で,その外側危険水域を緑光および紅光で示す指向灯,険礁,防波堤先端などの危険物付近海面を照射する照射灯などがある。航路標識の灯火は一般の灯火と識別しやすいように,また付近にある他の航路標識との誤認を避けるために特定の灯火の色と発射状態(灯質)を決めている。…

※「灯浮標」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

灯浮標の関連情報