コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

灰の木(読み)ハイノキ

大辞林 第三版の解説

はいのき【灰の木】

ハイノキ科の常緑小高木。西日本の山中に生える。葉は狭卵形で光沢がある。初夏、葉腋ようえきに花冠が五深裂する白色の花を数個つける。枝葉を燃やした灰から灰汁あくをとり染色に用いる。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

灰の木 (ハイノキ)

植物。マンサク科の常緑高木。イスノキの別称

灰の木 (ハイノキ)

植物。ハイノキ科の落葉低木。サワフタギの別称

灰の木 (ハイノキ)

学名:Symplocos myrtacea
植物。ハイノキ科の常緑小高木

灰の木 (ハイノキ)

植物。ハイノキ科の常緑高木。クロバイの別称

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android