コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

灰の木 ハイノキ

デジタル大辞泉の解説

はい‐の‐き〔はひ‐〕【灰の木】

ハイノキ科の常緑高木。山地自生は細長い楕円形。5月ごろ、白い花を総状につけ、花びら五つに裂けている。実は熟すと黒紫色になり、狭卵形。葉から良質の灰汁(あく)ができ、媒染染料染色に使用。とちしば。そめしば。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

はいのき【灰の木】

ハイノキ科の常緑小高木。西日本の山中に生える。葉は狭卵形で光沢がある。初夏、葉腋ようえきに花冠が五深裂する白色の花を数個つける。枝葉を燃やした灰から灰汁あくをとり染色に用いる。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

灰の木 (ハイノキ)

植物。マンサク科の常緑高木。イスノキの別称

灰の木 (ハイノキ)

植物。ハイノキ科の落葉低木。サワフタギの別称

灰の木 (ハイノキ)

学名:Symplocos myrtacea
植物。ハイノキ科の常緑小高木

灰の木 (ハイノキ)

植物。ハイノキ科の常緑高木。クロバイの別称

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

灰の木の関連キーワード西日本初夏花冠葉腋枝葉光沢白色数個山中

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android