コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

灰汁(あく)巻き

デジタル大辞泉プラスの解説

灰汁(あく)巻き

鹿児島県を中心とする九州地方南部の名物菓子。わらや木炭の灰を水に浸して取った灰汁に漬けた餅米竹皮で包み蒸したもの。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

日本の郷土料理がわかる辞典の解説

あくまき【灰汁巻き】


鹿児島の郷土菓子で、もち米を木灰からとった灰汁(あく)に一晩浸し、孟宗竹(もうそうちく)の皮に包んで灰汁で煮たもの。きな粉や砂糖、黒みつなどをかけて食べる。現在は主に端午の節句に作る。

出典 講談社日本の郷土料理がわかる辞典について 情報

灰汁(あく)巻きの関連キーワード鹿児島県つのまき孟宗竹

今日のキーワード

シンデレラ体重

女性の理想的な体重の指標の一つで、BMIなどと同様、計算式にあてはめて割り出す。もともとは大手エステサロンが女性の理想的な体重として20年以上前に考案した指標で、当時の計算式は「身長(メートル)×身長...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android