孟宗竹(読み)モウソウチク

デジタル大辞泉の解説

もうそう‐ちく〔マウソウ‐〕【×孟宗竹】

イネ科の竹。地下茎は長く横に走り、地上茎は高さ約15メートル、直径約20センチになり、の隆起線は1本。多数の小枝に分かれ、数枚のをつける。中国の原産竹の子食用にし、は紫褐色の斑紋と長がある。竹細工に使用。もうそうだけ。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

もうそうちく【孟宗竹】

イネ科の大形のタケ。中国原産。主に筍をとるため栽培される。日本にあるタケでは最も大きく、高さ12メートル、径20センチメートルに達する。筍は食用。皮は紫褐色の毛が密生し、食物を包むのに用いた。枝は節から二個ずつ出、葉は小形で薄い。まれに開花する。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

孟宗竹 (モウソウチク・モウソウダケ)

学名:Phyllostachys heterocycla f.pubescens
植物。イネ科の竹,園芸植物

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

もうそう‐だけ マウソウ‥【孟宗竹】

※今弁慶(1891)〈江見水蔭発端「引き初むるに、孟宗(モウソウダケ)を根抜きにするとは」

もうそう‐ちく マウソウ‥【孟宗竹】

〘名〙 イネ科の多年草。中国原産で、(たけのこ)を採るために、広く栽培されている。稈は木化し高さ一〇~二〇メートル、径二〇センチメートルに達する。枝は節ごとに双生。葉は披針形で長さ四~八センチメートル。花穂は長い周期(約七十余年)をもって生じる。小穂は細く円柱形で包葉におおわれ円錐状につく。竹の皮は緑褐色で黒褐色の斑点がある。筍は美味。茎は筆立・盆など細工物に使う。和名は、中国の故事の、冬に母親のために筍を掘り採った孝行者の孟宗にちなんだもの。もうそうだけ。もうそう。
▼もうそうちくの子《季・夏》 〔黒本本節用集(室町)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

児童相談所

子供の福祉に関する相談に応じ,援助などを行なう行政機関。児相と略称される。児童福祉法に基づき,都道府県と政令指定都市に設置が義務づけられている。運営は厚生労働省の局長通知,児童相談所運営指針にそって行...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

孟宗竹の関連情報