コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

孟宗竹 モウソウチク

デジタル大辞泉の解説

もうそう‐ちく〔マウソウ‐〕【×孟宗竹】

イネ科の竹。地下茎は長く横に走り、地上茎は高さ約15メートル、直径約20センチになり、節の隆起線は1本。多数の小枝に分かれ、数枚の葉をつける。中国の原産竹の子食用にし、皮は紫褐色の斑紋長毛がある。茎は竹細工に使用。もうそうだけ。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

もうそうちく【孟宗竹】

イネ科の大形のタケ。中国原産。主に筍をとるため栽培される。日本にあるタケでは最も大きく、高さ12メートル、径20センチメートルに達する。筍は食用。皮は紫褐色の毛が密生し、食物を包むのに用いた。枝は節から二個ずつ出、葉は小形で薄い。まれに開花する。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

孟宗竹 (モウソウチク・モウソウダケ)

学名:Phyllostachys heterocycla f.pubescens
植物。イネ科の竹,園芸植物

出典|日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について | 情報

孟宗竹の関連キーワード竹製垣根・御座敷すだれ芋競べ祭[中山]酒津のトンドウ合馬たけのこ目黒たけのこひたち竹人形京たけのこ八女竹細工越前竹人形タケ(竹)宮之城花器長谷川謹造岡本右太夫灰汁巻き太市の筍小鳥籠割り箸孟宗忌竹籠孟宗

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

孟宗竹の関連情報