災害時健康危機管理支援チーム(読み)さいがいじけんこうききかんりしえんちーむ

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

災害時健康危機管理支援チーム
さいがいじけんこうききかんりしえんちーむ

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

デジタル大辞泉の解説

さいがいじけんこうききかんりしえん‐チーム〔サイガイジケンカウキキクワンリシヱン‐〕【災害時健康危機管理支援チーム】

大規模自然災害等の発生時に、被災地で保健医療支援活動に必要な情報を収集・評価し、地方公共団体の健康危機管理活動を支援する公衆衛生対策の専門家チーム。公衆衛生医師保健師業務調整員のほか、薬剤師獣医師管理栄養士精神保健福祉士臨床心理技術者などで構成され、専門的な研修・訓練を受けた後、各都道府県に登録される。DHEAT(ディーヒート)(Disaster Health Emergency Assistance Team)。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ダブルベーグル

テニス競技において、一方の選手がゲームカウント6-0で2セット連勝することの通称。真ん中に穴が空いたパンの一種であるベーグルの形が数字の「0」に似ていることが語源となっている。1セットの場合は単に「ベ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

災害時健康危機管理支援チームの関連情報