DHEAT(読み)でぃーひーと

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

DHEAT
でぃーひーと

大規模な災害などが発生した場合、迅速に被災地に入り、被災者の飲料水や食料、生活環境の衛生状態、感染症の発生などといった現状を速やかに把握し、被災地で必要とされる人的、物的な支援や供給体制を確保する公衆衛生チーム。厚生労働省に研究班が設けられ、災害派遣医療チーム(DMAT)の公衆衛生版として創設が準備されている。名称(仮称)は災害時健康危機管理支援チーム。DHEATはDisaster Health Emergency Assistance Teamの略である。DHEATは保健所職員、公衆衛生医師、保健師、管理栄養士、衛生課職員などで構成され、おもな役割としては、(1)避難所における被災者の要望の把握、(2)被災地の妊産婦、乳幼児、要介護者の把握と対応、(3)避難所の衛生管理状態の把握と評価、(4)感染症発生などについてのサーベイランス、(5)被災地の廃棄物、汚水、水道などの状況把握と評価、などが考えられている。DPAT(災害派遣精神医療チーム)と同様の運営方法が模索されており、構成員は都道府県に事前登録し、厚生労働省の管轄下で構成員の全国的な研修制度、チームの派遣システムの構築を行う方向で検討されている。[編集部]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

新華社

中華人民共和国の国営通信社。新華通訊社が正式名称。 1931年延安で創立され,48年北京に移り,現在は政府国務院新聞総署の管轄下にある。特に文化大革命以後は重要度が高まり,党と政府の発表はここを通じて...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

DHEATの関連情報