コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

炎細胞 ほのおさいぼう flame cell

2件 の用語解説(炎細胞の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

炎細胞
ほのおさいぼう
flame cell

焔細胞。火焔 (かえん) 細胞ともいう。扁形動物紐形動物袋形動物などがもつ原始的な排出器官である原腎管に存在する特殊な細胞。中空部に繊毛束があり,それが炎のような動き方をして周囲の組織から老廃物を管の中に集め,排出孔から体外に排出する。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

ほのおさいぼう【炎細胞】

〔繊毛の束が炎のように動くところから〕
扁形動物や紐形ひもがた動物などの原腎管の末端部にあり、数本の繊毛の束をもつ細胞。老廃物や余分な水分を原腎管の中へ出す。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

炎細胞の関連キーワードクシクラゲ島宇宙繊毛運動陽炎の菊綴じ下駄を預ける銭瘡氷頭羊雲繊毛(線毛)

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone