コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

原腎管 げんじんかんprotonephridium

5件 の用語解説(原腎管の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

原腎管
げんじんかん
protonephridium

後生動物の排出器官系のうちで最も原始的なもの。原体腔または柔組織内を樹枝状に走り,老廃物や体内に余分に浸入した水などを排出する細管系。扁形,紐形,袋形動物および環形,軟体動物の幼生にみられる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

原腎管【げんじんかん】

最も原始的な後生動物の排出器官。扁形・紐形(ひもがた)・袋形動物の幼生および成体,環形・軟体動物の幼生に見られる。柔組織や原体腔内にある樹枝状の細管系で,末端器官として焔(ほのお)のように揺れ動く繊毛の束をもった焔細胞をもつものもある。
→関連項目排出器官

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

げんじんかん【原腎管 protonephridium】

多細胞動物にみられる排出器官として最も原始的なもので,無体腔動物群の扁形動物・ひも形動物・内肛動物,偽体腔動物群の袋形動物などの成体および幼生,また真体腔動物群のうち環形動物・軟体動物のトロコフォラ幼生などにみられる。体の両側の柔組織または偽体腔内を複雑に網目状に分岐して走る一種の管系である。その管の盲端は1個または数個の細胞からなり,それらの細胞から数本の繊毛の束が管の中に向かって出ていて,炎のような動きをするので炎細胞flame‐cellと呼ばれる

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

げんじんかん【原腎管】

扁形動物・紐形動物・輪形動物の排出器官。環形動物・軟体動物の幼生にも見られる。後生動物の中では最も原始的な排出器官で、浸透圧調節器官も兼ねる。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

原腎管
げんじんかん

もっとも原始的な排出器官で、体腔(たいこう)をもたない扁形(へんけい)動物、輪形動物、紐形(ひもがた)動物などにあり、環形動物や軟体動物では幼生にだけみられる。原腎管の形や構造は動物の種類により異なるが、柔組織または原体腔内を走る分枝した細管で、1対あり、末端は排出孔となって体外に開く。排出孔は1対、多数対または1個である。高度に発達した原腎管では、各枝端に数個の炎(ほのお)細胞とよばれる細胞が集合する。各炎細胞には微細管があり、そこに1本の繊毛が生えている。繊毛は束になって各枝管内へ伸び、炎のように揺れ動いて繊毛炎(えん)を生じ、体内で生じた老廃物や余分の水を水流として管内へ導く。その水流は管内を流れて排出される。原腎管は浸透調節も行う。[片島 亮]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の原腎管の言及

【排出】より

…この働きが周期的にくり返されて細胞内の浸透圧が一定に保たれている。 典型的な原腎管protonephridiumは扁形動物のプラナリアに見られ,体の両側にある主管から複雑に網目状に分枝して,その先端に炎細胞がある(図1)。排出口は1対で体の中央両側に開く。…

【排出】より

…これらの動物では窒素老廃物は水に難溶性の尿酸として排出される(尿酸排出動物)。腎臓尿【佃 弘子】
【排出器官excretory organ】
 無脊椎動物の排出器官は収縮胞,原腎管,腎管の三つに大別され,その形態や構造はさまざまである(表)。排出器官は本来,代謝の結果生じた老廃物を排出するための器官であるが,それに伴う種々な働き,例えば浸透圧調節や体液中の各種のイオン濃度の調節などにも関係し,環形動物では生殖細胞の体外への放出にも利用されている。…

※「原腎管」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone