コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

炭目 すみめcleat

翻訳|cleat

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

炭目
すみめ
cleat

炭理の慣用語石炭が本来もっている割れ目炭層中の石炭は複雑な割れ目をもっているが,最も代表的なものは炭層面に垂直なものとある角度をなすもので,これらがいわゆる炭理である。これらの割れ目には,しばしば方解石黄鉄鉱などが沈殿していることがある。採炭にあたって切羽面が炭理面にほぼ平行であるのを板目といい,採炭が容易であるという利点があるが天井の支持がむずかしい。これに対し炭理が切羽面に直角なのを柾目 (まさめ) といい採炭が困難である。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android