コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

点印 テンイン

デジタル大辞泉の解説

てん‐いん【点印】

俳諧の点者が、連句発句句帳評点として押す印形。点者各自が独自のものを数個もち、それぞれ点数を定めて使い分けた。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

てんいん【点印】

俳諧の宗匠が、句の評点を示すために押す印。批言を文字で書く代わりに押した。各宗匠が独自のものを用いている。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

点印の関連キーワード深川湖十(初代)初代深川湖十大英博物館松木竿秋森部湖十点取俳諧小川秋色清水周竹小数点俳諧点式

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android