点印(読み)テンイン

大辞林 第三版の解説

てんいん【点印】

俳諧の宗匠が、句の評点を示すために押す印。批言を文字で書く代わりに押した。各宗匠が独自のものを用いている。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報