コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

点接触型ダイオード てんせっしょくがたダイオードpoint contact diode

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

点接触型ダイオード
てんせっしょくがたダイオード
point contact diode

ゲルマニウムやシリコンなどの半導体の表面に金属の針を立てて点状に接触させたときの整流現象を利用する素子。先端をとがらせたタングステンモリブデンなどの線を一定の圧力でゲルマニウムに接触させる。これだけでは特性が不安定なので,瞬間的に 0.5A程度の大電流を流して安定化させる。この操作をフォーミングと呼び,これにより順方向電流,逆方向耐圧ともに増し,特性が改善される。これは,フォーミングによりn型ゲルマニウムの針との接触点付近がp型となりp-n接合に近い状態ができたためと考えられる。構造が簡単で安価なので,検波,混合用の小信号用ダイオードとして用いられてきたが,衝撃により特性が影響を受けやすいなどの欠点があるため,設計性,信頼性,再現性の点ですぐれているショットキー・バリア・ダイオードに取って代られ,使用されていない。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

点接触型ダイオードの関連キーワードスイッチング・ダイオード

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android