点鬼簿(読み)テンキボ

精選版 日本国語大辞典の解説

てんき‐ぼ【点鬼簿】

〘名〙 死者の姓名を書きしるした帳面。過去帳。また、古人の名を多く用いた詩文をいう。
※羅山先生文集(1662)七「且故旧已載点鬼簿者、実如来書所枚挙」 〔全唐詩話‐巻一・駱賓王〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

人望

信頼できる人物として、人々から慕い仰がれること。「人望を集める」「人望を失う」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android