為替平衡資金(読み)カワセヘイコウシキン

百科事典マイペディアの解説

為替平衡資金【かわせへいこうしきん】

為替安定資金とも。中央銀行などの為替管理当局が正常な為替管理によらず,為替市場に出動し売買操作を行って,為替相場を適当な水準に維持するための特別の資金勘定。これを為替平衡勘定といい,外貨勘定と自国貨勘定からなる。日本では1963年4月22日から日本銀行が直物(じきもの)市場における為替平衡操作を実施。変動相場制になった今日では,為替相場の乱高下を防止するために同様に市場介入している。
→関連項目スワップ協定

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

かわせへいこうしきん【為替平衡資金】

為替相場の大幅な変動を避けるため、通貨当局(政府または中央銀行)が為替の売買取引に介入する資金。為替安定資金。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

かわせへいこう‐しきん かはせヘイカウ‥【為替平衡資金】

〘名〙 為替安定勘定の資金。為替安定基金。〔最新現代語辞典(1933)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

MBO

マネジメント・バイアウトは、経営陣による株式の買い取りであり、(1)過半数の株式取得によって経営権を手に入れることで敵対的買収に対抗するものと、(2)経営権を獲得し、株式非公開化をすることで敵対的買収...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android