変動相場制(読み)へんどうそうばせい

旺文社世界史事典 三訂版「変動相場制」の解説

変動相場制
へんどうそうばせい

ドル危機以降主要国に広まった,為替相場を市場の取り引きに委ねる制度
為替相場とは自国通貨と外国通貨の交換比率のこと。第二次世界大戦後は,圧倒的に強いドルを金と交換できる唯一国際通貨とし,他国通貨との交換比率を固定する,固定相場制がとられてきた。しかし,ドルの価値が下落し,1971年アメリカのニクソン大統領が金とドルの交換を停止したため,73年日本を含む主要国は相次いで固定相場制を断念し,変動相場制に切り替えた。これにより基本的に為替相場は市場の需給関係に委ねられたが,相場水準が行き過ぎると,各国の金融当局の市場介入が行われるため,各国の一層の協調が欠かせなくなった。

出典 旺文社世界史事典 三訂版旺文社世界史事典 三訂版について 情報

世界大百科事典内の変動相場制の言及

【IMF】より

…この構成メンバーである10ヵ国(G‐10)は,その後の通貨制度改革や国際金融上の重要事項決定につき随時会合し(10ヵ国蔵相会議),大きな役割をもつに至った。
[変動相場制への移行とIMF]
 さて,国際流動性の主要供給源としては戦後一貫して米ドルの増加に頼ってきたが,そのためにはアメリカの国際収支が赤字にならなければならず,一方,アメリカの赤字はいっそう米ドルの信認を低下させるという〈流動性ジレンマ〉が生ずる。そこで米ドルの流出によらず無条件流動性創出を可能とする補完的新準備資産の必要性が論ぜられ,新たにSDR(特別引出権)の創出が67年に決定された。…

【為替相場】より

… すでに述べたように,為替相場は外国為替市場の需要・供給関係によって決定されるが,この需要・供給の力の現れ方は,その国の採用している為替相場制度によって異なる。それらの為替相場制度には,大きく分けて,自由変動為替相場制(変動相場制),金本位制,管理為替相場制の3種類がある。(1)変動相場制は,現行の制度で,為替相場の決定がまったく市場の力にゆだねられるものであり,外国為替の需要が供給を上まわれば外国為替の価格は上昇し,下まわれば下落するという調整メカニズムが働いて需要と供給が均衡する点で為替相場が決定される。…

【変動為替相場制】より

…各国の通貨相互間の価値が,外国為替市場の需給関係によって決定されるような為替相場制度をいう。略して変動相場制ということが多い。これの対極が固定為替相場制。…

※「変動相場制」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

漁夫の利

《シギとハマグリが争っているのを利用して、漁夫が両方ともつかまえたという「戦国策」燕策の故事から》両者が争っているのにつけ込んで、第三者が利益を横取りすることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android