コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

直物/頓物 ヒタモノ

3件 の用語解説(直物/頓物の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ひた‐もの【直物/頓物】

[副]
いっぱいに満たすさま。ぎゅうぎゅう。
「これに白からむ所―入れてもて来(こ)」〈春曙抄本枕・七六〉
もっぱらそのことに集中するさま。ひたすら。むやみと。
「いろいろ肴をととのへ―酒をのみ」〈仮・可笑記・三〉

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

じきもの【直物】

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

直物
なおしもの

除目(じもく)の後日に召名(めしな)(任官者を列記し奏聞を経た名簿)の錯誤、たとえば姓(かばね)の宿禰(すくね)を朝臣(あそん)に、あるいは官名の左を右に誤ったりしたものを訂正する政務。執筆の大臣が外記(げき)の直物勘文(なおしもののかんもん)(調査書)を取り寄せて奏上ののち、参議に命じて訂正させる。除目と同様に繁雑な作法を伴う行事である。除目の儀式化が甚だしくなると、直物のためにわざと小さな誤りをつくって置くべきだという説さえ生じた。なお、直物の際に小除目(こじもく)などを行うこともある。[黒板伸夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

直物/頓物の関連キーワード意に満たない湛える湛湛胸が一杯になる填す一杯一杯力一杯満杯満たす目一杯

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone