コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

烏帽子名 エボシナ

大辞林 第三版の解説

えぼしな【烏帽子名】

男子が元服の際、幼名を改めて別につけた名。烏帽子親から諱いみなの一字をもらってつけた。元服名。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の烏帽子名の言及

【烏帽子親】より

…その際童名を廃して烏帽子親により名が付けられる例が多かった。これを烏帽子名という。《吾妻鏡》治承4年(1180)10月2日条に源頼朝は乳母小山政光妻(寒河尼)の依頼により息男の元服に烏帽子親となったとある。…

※「烏帽子名」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

烏帽子名の関連キーワード烏帽子子一字