コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

烏芻沙摩明王 ウスサマミョウオウ

デジタル大辞泉の解説

うすさま‐みょうおう〔‐ミヤウワウ〕【烏芻沙摩明王】

《「烏芻沙摩」は梵Ucchuṣmaの音写。汚れを転じて清浄にする意》不浄なところに祭られる明王。忿怒(ふんぬ)形で火炎の中にあり、二臂(にひ)・四臂などいろいろの形相をとる。密教などでは便所の守護神とする。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

烏芻沙摩明王の関連キーワード厠の神・廁の神

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android