坊門(読み)ボウモン

大辞林 第三版の解説

ぼうもん【坊門】

まちの門。
平安京の区画で、二条大路以南の東西に走る小路のうち、坊の中央を走るもの。朱雀大路に面してが設けられていたことからいう。
囲碁で、本因坊の門下。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

ぼう‐もん バウ‥【坊門】

〘名〙 (「坊」はまちの意)
① まちの門。平安京では朱雀大路に面して、三条以下九条までの各坊ごとに東西一四門が設けられていた。
※三代格‐一六・貞観四年(862)三月八日「応坊門兵士十二人朱雀道并夜行兵衛巡検兵士直否事」 〔旧唐書‐五行志〕
② 平安京の区画で、二条大路以南を東西に走る小路のうち、坊の中央を走るもの。①に通ずるところからいう。
※古今著聞集(1254)一七「九条坊門東洞院辺には雪も降りたりけり」
③ 囲碁で、本因坊門下の称。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ダイバーシティ

ダイバーシティとは、多様な人材を積極的に活用しようという考え方のこと。 もとは、社会的マイノリティの就業機会拡大を意図して使われることが多かったが、現在は性別や人種の違いに限らず、年齢、性格、学歴、価...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android