焔摩天(読み)えんまてん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

焔摩天
えんまてん

焔摩は Yamaの音写。密教に取入れられた閻魔王のこと。仏教を守る十二天の一つとして南方の守護神とされている。また胎蔵界曼荼羅の外金剛部 (げこんごうぶ) 院に属して南方を守護しており,金剛界曼荼羅では,外金剛部の護法神の一つとして北方に位している。焔摩天供 (えんまてんく) 法と呼ばれる供養のための修法において,人々は除病,息災,延寿,生産を祈願する。図像化されるときは閻魔王と異なり,水牛に乗り左手に人頭幢を持つ。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

はやぶさ2

JAXA(ジャクサ)(宇宙航空研究開発機構)による小惑星探査機、および探査計画の名称。平成17年(2005)に小惑星イトカワに到達しサンプル採取に成功したはやぶさの同型機により、地球近傍小惑星のアポロ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android