コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

閻魔王 えんまおうYamarāja

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

閻魔王
えんまおう
Yamarāja

閻魔は Yamaの音写。夜摩王,閻羅王などともいう。漢訳には,縛 (ばく) ,双生,平等王,静息 (じょうそく) などがあり,衆生の行いや罪を審判し悪を懲らしめる地獄の主神,冥界の総司のこと。インドの宗教において冥界を支配するといわれる死神ヤマが,仏教に取入れられて,餓界の主,地獄の主あるいは地蔵菩薩の化身などと経典のなかに種々に説かれるようになった。普通上方の開いた方形の冠をつけ,あげ頸の服を着,両眼をむき出して叱咤の勢をなす恐ろしい形に造形される。これは中国宋代の裁判官の服制によるといわれる。密教では,焔摩天として天部に取入れられているが,明るい柔和な相貌で,恐ろしい閻魔王とは非常に相違している。日本では十王思想の盛んになった藤原時代末から信仰され,鎌倉時代以降,閻魔王の造像をみるようになった。現存最古の遺品は,大分臼杵石仏中のもので 12世紀の作と考えられる。鎌倉時代の遺品は神奈川円応寺,奈良白豪寺,京都六波羅蜜寺,滋賀浄信寺などにそれぞれ木像が伝わり,栃木中禅寺には銅像も伝わる。画像では京都醍醐寺蔵,12世紀後半作の絹本着色『閻魔天像』が著名。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

えんま‐おう〔‐ワウ〕【閻魔王】

インド神話で、正法・光明の神。のち死の神と考えられ、仏教では、冥界(めいかい)の王、地獄の王として、人間の死後に善悪を裁く者とされる。閻魔。閻魔大王閻魔羅(えんまら)。閻羅(えんら)。閻王

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

えんまおう【閻魔王】

Yama-rāja〕 閻魔の尊称。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の閻魔王の言及

【地蔵】より

…菩薩の一つ。サンスクリット名クシティガルバKṣitigarbhaの訳。六道および五濁悪世を選んで救済活動にあたり,弥勒の出現まで活躍する。〈わが名を唱える人を苦から救う〉という誓願をたて,梵天,夜叉,狼,閻魔などさまざまの姿をとって衆生を導く。《地蔵菩薩本願経》によると,かつて二王がいて,一王は自ら悟ってから衆生を救おうと考え,一王はまず衆生を悟らせてから自らも悟ろうと考えた。前者は一切智成就如来,後者は地蔵菩薩である。…

【冥途】より

…死後の迷いの世界を幽冥とするのは仏教本来のものではなく,道教の冥府(めいふ)の信仰との習合によるものである。閻羅王(または閻魔王,閻魔)をはじめとする十王や多くの冥官(冥府の役人)によって亡者は罪を裁かれ,それ相応の苦しみに処せられると信じられるようになったのは,おそらく中国の唐末期,9世紀後半からであろう。冥途における閻羅王の断罪から亡者を救う地蔵菩薩の信仰や,年に1度,中元の季節に亡者がこの世の家族のもとへかえって供養をうけるという盂蘭盆(うらぼん)会,亡者を救うための施餓鬼(せがき)の法会,年回忌の法要・供養等は,すべて冥途における亡者の,苦しみから逃れたいという願いによるものである。…

※「閻魔王」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

閻魔王の関連キーワード廃少菩提寺石多宝塔および石仏十王(亡者を裁く10人の王)Yama倶生神・俱生神閻魔天曼荼羅八尾(狂言)五道の冥官聖衆来迎寺閻魔天供法閻魔の庁閻魔蟋蟀閻魔羅闍ゆっすり泰山府君ずっし黒闇天小野篁朝比奈宝積寺倶生神

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

閻魔王の関連情報