コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

使用貸借 しようたいしゃく

8件 の用語解説(使用貸借の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

使用貸借
しようたいしゃく

無償で他人の物を借りて使用収益する契約 (民法 593~600) 。賃料など使用の対価を払わない点が賃貸借と違い,また借りた物が使用後そのまま貸主に返される点が消費貸借と違う。使用貸借は,贈与と同じく無償契約であり,一般には友人,隣人間など特殊な関係にある者の間に成立することがほとんどの場合と考えられ,それほど社会的に大きな役割を果していないといわれる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

しよう‐たいしゃく【使用貸借】

当事者の一方が相手方からある物を無償で借りて、使用・収益したのちに返還する契約。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

使用貸借【しようたいしゃく】

当事者の一方(借主)が相手方(貸主)からある物を受け取ってその物を無償で使用および収益した後に返還することを約することによって成立する契約(民法593条以下)。
→関連項目片務契約

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

不動産用語辞典の解説

使用貸借

借主が貸主から目的物を無償で借りて使用収益し、後にその目的物を貸主に返還する契約を「使用貸借」といいます。
借主は契約に返還時期の定めがあるときはその時期に、その定めがないときは契約に定めた目的に従い使用収益を終えたとき等に、目的物を返還しなければなりません。
使用貸借は、使用収益の対価を支払わない(無償)点において賃貸借と異なります。
また、使用貸借の目的物が住宅やその敷地であっても、借地借家法(平成4年7月31日までの契約の場合は、旧借地法、旧借家法、旧建物保護法)は適用されません。親族や雇用等特殊な人的関係のある者の間で約束されるケースが多く、それらの人的関係が崩壊したときに法的紛争を生ずることが少なくありません。

出典|不動産売買サイト【住友不動産販売】
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

かんたん不動産用語解説の解説

使用貸借

無償で物を使用収益させてもらう契約をいう。借主は契約や目的物の性質によって、定められた方法で使用しなければならない。また期限の定めのないときは、使用収益の終わったときに返還しなければならない。使用貸借には、借地借家法の適用はない。

出典|(株)ネクストコーポレーション
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

しようたいしゃく【使用貸借】

動産,不動産を問わず物を無償で貸借する契約(民法593条)。本,自転車等の動産の場合,ほとんど契約として意識されないが,不動産については,親子間とか知人間で行われることが多い。無償であるため,賃貸借におけるような借地借家法による賃借人の保護は必要とされず,実際にも,法律によって争われることは少ない。賃貸借と比較すると次のような差がある。第1は,借主は,目的物が譲渡・相続されると,新たな所有者に借りる権利を主張できないことである。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

しようたいしゃく【使用貸借】

〘法〙 友人から車を借りる場合のように、他人の物を借りて無償で使用収益した後にその物を返還する契約。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

使用貸借
しようたいしゃく

無償で他人の物を借りて、使用収益したのち返還する契約。無償・片務・要物の契約である。同じく他人の物を使用収益する契約である賃貸借とは、無償契約である点で基本的に異なる。有償性が原則の近代市民法の下では使用貸借の社会的意義は小さい。使用貸借は、借り主が貸し主から目的物を受け取ることによって成立する(民法593条)。使用貸借における貸し主の義務は、借り主が目的物を使用収益するのを認容することである。貸し主の担保責任については、贈与者の担保責任の規定(同法551条)が準用され(同法596条)、目的物に瑕疵(かし)があって借り主が損害を被っても、貸し主は原則として責任を負わない。
 使用貸借における借り主の権利は、目的物について使用収益をなすこと(同法594条)である。借り主は目的物を保管する義務を負い、さらに通常の必要費を負担する(同法595条1項)。借り主が使用収益権の範囲を逸脱し、あるいは保管義務に違反した場合には、損害賠償責任を負うが、それは1年の除斥期間によって消滅する(同法600条)。[淡路剛久]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

使用貸借の関連キーワード消費貸借上借り修繕義務使用収益権賃借権借主敷引使用収益使用貸借権賃貸借契約

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

使用貸借の関連情報