コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

無動無言症 むどうむごんしょう akinetic mutism

1件 の用語解説(無動無言症の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

むどうむごんしょう【無動無言症 akinetic mutism】

1941年にケアンズH.Cairnsらによって記載された症候群の一つ。覚醒昏睡(可知覚性昏睡)coma vigilの一型で,睡眠・覚醒のリズムがあり,覚醒時には目をあけ,意識があるようにみえるが,自発的な運動や自発語がない。食物の嚥下や逃避反射はあり,目で人やものを追うことはある。この症候群からはっきりした意識混濁に発展したり,意識混濁からこの状態を経て回復することがあり,また,入眠しやすさと健忘,屎尿失禁のあることから,軽い意識混濁がある特殊な状態とみられる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

無動無言症の関連キーワードアンズタケ杏梅Hアイアン法掛行灯ケアンズグループワイドアングルレンズスケアケアンズ諸国T・Sコミュニケーションズ

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone