嚥下(読み)えんげ(英語表記)swallowing

  • ×嚥下
  • えんか
  • 嚥下 deglutition

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

食物を飲み下すこと。口腔内の食物塊をに送り込む運動で,随意的な動きと不随意的な動きから成り,食塊の通過部位との関連から3相に分けて考えられる。第1相は随意期ともいわれ,舌の挙上との筋肉の収縮などによって口腔内圧を高め,食物塊は随意的にあるいは反射的に口腔から咽頭に送られる。ここまで進むと,嚥下を停止することはできない。第2相は不随意期で,三叉,舌咽,迷走の諸神経の働きによって咽頭収縮筋が収縮し,食物塊は下に押しやられ食道の入口に達する。この際,口腔と咽頭腔の間が遮断されて食物の逆流が防止され,また鼻咽腔声帯の閉鎖によって,呼吸が一時的に停止し,気道への誤入を防ぐ。第3相では,食道のぜん動や,食道腔内に生じた陰圧によって食物塊は胃に送り込まれる。以上をまとめて嚥下反射といい,その中枢は脳の橋,延髄にある。神経障害によってこの嚥下反射が円滑に行われなくなると,食塊が鼻腔に逆流したり,気管内に誤嚥されたりする。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

〈えんか〉とも読むが,医学的には〈えんげ〉という。食物を口腔から胃まで運ぶ運動(のみこみ運動)。口腔相(随意運動),咽頭相,食道相(ともに不随意運動)に分けられる。まず口腔内の食物を舌の上に集め,後方(咽頭)に送りこむ(口腔相)。食物が咽頭内に入ると,反射的な筋収縮によって鼻,口,耳への逆流が防がれ,声門も閉じて気道に入りこまないようにする(咽頭相)。同時に喉頭が舌骨に引きつけられるとともに舌骨も前上方に動く。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

そしゃくによって、かみ砕かれ唾液(だえき)と混じり合った食物や、吸い込まれた液体は、舌の上に集められ、口腔(こうくう)、咽頭(いんとう)の協同運動によって食道を経て胃に送られる。この一連の動作を嚥下という。これらの過程は三つの時期に分けられる。第1期は口腔から咽頭に入るまでの時期で、おもに舌の動きによっておこる随意運動である。第2期は咽頭から食道に入るまでをいう。まず軟口蓋(なんこうがい)が上がり、鼻腔との通路がふさがれ、舌根が後下方に動き、舌骨および喉頭(こうとう)が挙上する。次に、喉頭筋の収縮がおこり食道の入口が開いて、食物が食道へ移動する。これらは、食塊が咽頭粘膜を刺激して反射的におこる。第3期は食道の蠕動(ぜんどう)運動によって胃に運ばれる過程である。第2期、第3期は反射により行われ、その中枢は延髄(えんずい)にある(嚥下中枢)。このように多くの筋肉、神経が協調して働くので、舌の運動麻痺(まひ)、口腔内の炎症、食道狭窄(きょうさく)、神経疾患などがあると、嚥下は困難なものとなる。

[市河三太]


出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 物を飲み下すこと。延髄を中枢とする反射運動によって胃に送りこまれる。えんげ。〔医語類聚(1872)〕
〘名〙 =えんか(嚥下)〔現代術語辞典(1931)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の嚥下の言及

【延髄】より

迷走神経は大きく分けて,頸部,胸部,腹部の内臓に分布する。頸部では,喉頭の筋を動かして行う発声運動と咽頭の筋を収縮させて行う嚥下(えんげ)運動(食物を飲み込む働き)との二つの働きをする。胸部では心臓の運動を抑制し,腹部では食道,胃,小腸,大腸の運動を促進する。…

【唾液】より

… 唾液の生理的役割は,(1)食物成分を溶かして味蕾(みらい)を刺激し,味覚をおこし食欲を促す。これにより消化管の運動と分泌が反射的に高まる,(2)デンプンの消化,(3)口腔内をうるおし,くちびると舌の動きを滑らかにして発声,咀嚼(そしやく),嚥下(えんげ)を助ける。また口腔内と歯を清浄に保つ。…

※「嚥下」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

嚥下の関連情報