コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

無塩バター ムエンバター

栄養・生化学辞典の解説

無塩バター

 食塩が含まれていないバター.調理製菓で必要とされ,また腎臓病患者の食事設計に使われることがある.

出典|朝倉書店栄養・生化学辞典について | 情報

大辞林 第三版の解説

むえんバター【無塩バター】

バターのうち、食塩を添加してないもの。菓子原料などに用いる。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の無塩バターの言及

【バター】より

…日本では徳川家斉がインド白牛の乳から牛酪(バター)を作らせたといわれるが,上流階級の薬用として用いられたのみで,食用として用いられるようになったのは明治以降になってからである。
[種類]
 食塩添加の有無により加塩バターと無塩バターに分けられる。加塩バターは有塩バターともいい,食塩を1.5~2.0%加えたもので,日本で市販されているもののほとんどがこれである。…

※「無塩バター」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

無塩バターの関連キーワード減塩調味料(塩分調整食品)の塩分量トラピストクッキーアイスクリーム有塩バター還元牛乳加工乳還元乳

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

無塩バターの関連情報