コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

無為庵如嘿 むいあん にょもく

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

無為庵如嘿 むいあん-にょもく

1627-1692* 江戸時代前期の僧。
寛永4年生まれ。臨済(りんざい)宗。肥前佐賀の人。陸奥(むつ)若松(福島県)に庵をむすび,会津(あいづ)藩士横田何求らの支援で寛文4年学塾稽古(けいこ)堂をひらく。江戸期の民間学校の始めとされ,のち藩校日新館に発展した。元禄(げんろく)4年11月13日死去。65歳。俗姓は岡田,服部。著作に「扇峯集」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

無為庵如嘿の関連キーワード内藤ジュリアヌイツ松下重綱ノイツモーリッツラロシェル攻囲戦良尚入道親王クラッセクラッセ青海島鯨墓

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android