無理解(読み)ムリカイ

デジタル大辞泉の解説

む‐りかい【無理解】

[名・形動]あることについての理解がないこと。相手の気持ちなどをわかろうとしないこと。また、そのさま。「周囲の無理解が問題解決を困難にした」「若者に無理解な大人たち」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

むりかい【無理解】

( 名 ・形動 ) [文] ナリ 
(相手の気持ちなどを)理解しない・こと(さま)。 「周囲の-に悩む」 「 -な人々」
[派生] -さ ( 名 )

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

む‐りかい【無理解】

〘名〙 (形動) 理解のないこと。物事の道理のわからないこと。また、そのさま。
※忠義(1917)〈芥川龍之介〉一「修理の神経衰弱は、この周囲の無理解の為に、一層昂進の度を早めたらしい」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

人望

信頼できる人物として、人々から慕い仰がれること。「人望を集める」「人望を失う」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

無理解の関連情報