コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

無線七宝 ムセンシッポウ

デジタル大辞泉の解説

むせん‐しっぽう【無線七宝】

七宝焼きの技法の一。金属線による輪郭がなく、釉(うわぐすり)だけで文様を表すもの。→有線七宝

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

むせんしっぽう【無線七宝】

七宝焼の製作技法の一。針金による輪郭線を貼らずにガラス釉を塗って焼きつけるもの。 → 有線七宝

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の無線七宝の言及

【七宝】より

…さらにその上に透明釉をかけて焼成し,冷却後に表面を金砂で研磨して仕上げをする。これがエマイユ・クロアゾンネémail cloisonné(有線七宝)で,胎の上に銀や銅線で模様をつくらず,ガラス釉を絵具のように塗りつけて焼成するものを無線七宝という。また完成したものに硫酸と硝酸の混合液で胎を溶かし去ったものを省胎七宝,透明な色釉を用いて焼いたものを透明七宝という。…

※「無線七宝」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

無線七宝の関連キーワード濤川惣助・涛川惣助七宝(工芸)並河 靖之並河靖之濤川惣助七宝焼

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

無線七宝の関連情報