コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

無量寿経優婆提舎願生偈 むりょうじゅきょううばだいしゃがんしょうげ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

無量寿経優婆提舎願生偈
むりょうじゅきょううばだいしゃがんしょうげ

仏教経典。世親著。1巻。永安2 (529) 年菩提流支が訳出。『浄土論』『往生論』などとも呼ばれ,24行 96句の韻文とそれを敷延した散文とから成る。韻文の大意は,阿弥陀仏を見ることによって,阿弥陀仏の浄土に生れんとすることを願う意味のもので,散文は,浄土に往生する方法を五念門とし,その行が完成することによって安楽国に生じると説いている。浄土教において特に重んじられる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

無量寿経優婆提舎願生偈の関連キーワード浄土宗

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android