コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

無量寿経優婆提舎願生偈 むりょうじゅきょううばだいしゃがんしょうげ

1件 の用語解説(無量寿経優婆提舎願生偈の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

無量寿経優婆提舎願生偈
むりょうじゅきょううばだいしゃがんしょうげ

仏教経典。世親著。1巻。永安2 (529) 年菩提流支が訳出。『浄土論』『往生論』などとも呼ばれ,24行 96句の韻文とそれを敷延した散文とから成る。韻文の大意は,阿弥陀仏を見ることによって,阿弥陀仏の浄土に生れんとすることを願う意味のもので,散文は,浄土に往生する方法を五念門とし,その行が完成することによって安楽国に生じると説いている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

無量寿経優婆提舎願生偈の関連キーワード華厳経十六大国新訳永安門契経心地観経般若経仏名経遺教経会唯識論

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone