コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

五念門 ごねんもん

3件 の用語解説(五念門の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

五念門
ごねんもん

仏教用語。世親の『浄土論』に説かれるもので,阿弥陀仏の浄土に生れるための念じ方を5種に分類したもの。阿弥陀仏の像を礼拝し (礼拝) ,その名をほめたたえ (賛嘆) ,浄土に生れることを一心に願い (作願) ,浄土の功徳をいろいろ観察し (観察) ,自己の修めた功徳が他人のうえにも及んで,ともに成仏できるよう願って (回向) ,浄土に生れようとすること。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ごねん‐もん【五念門】

仏語。世親の浄土論に説かれる、浄土に往生するための五つの修行。阿弥陀仏の像を礼拝(らいはい)する礼拝門、阿弥陀仏の名をほめたたえる讚歎(さんだん)門、浄土に生まれたいと一心に願う作願門、浄土やその仏・菩薩(ぼさつ)の姿を観察する観察(かんざつ)門、自己の功徳を他の生あるものに施し、ともに成仏しようと願う回向(えこう)門の五つ。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

ごねんもん【五念門】

〘仏〙 世親の浄土論に説く浄土へ至るための五つの実践。礼拝門(阿弥陀仏を礼拝すること)・讃歎さんだん門(阿弥陀仏の名号を唱えること)・作願門(浄土往生を心から願うこと)・観察門(仏や浄土の荘厳・功徳を心に思い見ること)・回向えこう門(自己の修行による功徳を他の衆生にも分かち与え、ともに浄土に往生しようと願うこと)の五つ。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の五念門の言及

【浄土論】より

…サンスクリット語原典は現存せず,漢訳(菩提流支(ぼだいるし)訳,6世紀前半)のみ現存。偈頌(韻文)とそれを解説した長行(じようごう)(散文)の部分からなり,特に後者においては,浄土往生の方法として〈五念門〉を説いている。〈五念門〉とは,礼拝,讃嘆,作願,観察,廻向の五つであるが,なかでも観察(浄土を観想すること)が中心で,17種の国土荘厳,8種の仏荘厳,4種の菩薩荘厳よりなる。…

※「五念門」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

五念門の関連キーワード欣求浄土往相九品浄土浄土往生念仏宗横超旧住の菩薩還来穢国土三輩浄土論註