焦眉(読み)ショウビ

デジタル大辞泉の解説

しょう‐び〔セウ‐〕【焦眉】

がすほど、火が身近に迫っているから》危険が迫っていること。差し迫った状況にあること。「焦眉の問題」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

しょうび【焦眉】

〔眉を焦がすほど火が近づいている意から〕
事態が非常に切迫していること。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

しょう‐び セウ‥【焦眉】

〘名〙 眉が焦(こ)げること。また、眉が焦げるほどに火が近づいていること。転じて、危険や解決すべき事態が迫っていることのたとえ。燃眉。→焦眉の急。〔英和外交商業字彙(1900)〕
※東京灰燼記(1923)〈大曲駒村〉一八「震火災の救急事業が、斯く焦眉の間に殆んど遺憾なく企図され、進行されて居る傍ら」 〔五燈会元〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

iDeCo

個人型確定拠出年金と呼ばれる任意の私的年金制度のひとつ。加入者が毎月決まった金額を積み立てて、金融機関が用意する定期預金・保険・投資信託といった金融商品から運用方法を選び、60歳以降に年金または一時金...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

焦眉の関連情報