焦眉の急(読み)ショウビノキュウ

  • しょうび
  • しょうびのきゅう〔セウビキフ〕
  • の 急(きゅう)
  • 焦眉

精選版 日本国語大辞典の解説

(眉が焦げるほどに火の危険が迫っている意から) 危険が迫っていること。事態が切迫していること。
※文明論之概略(1875)〈福沢諭吉〉三「唯其一方を救はんとせば固より焦眉の急に似たれども」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

故事成語を知る辞典の解説

危険がさし迫っていることのたとえ。事態が切迫していることのたとえ。

[使用例] 我等自身の家でもその年は血の出るような三度目の山売りを断行して、辛くも焦眉の急の借財を返した当座では無かったか[若山牧水*古い村|1909]

[由来] 「五灯会元うんしゅん禅師ほっしょうざん法泉禅師」に見える話から。ある僧が、蔣山(現在の江蘇省にある山)の法泉ぶっ禅師に、「『急切』とはどのような状態のことでしょうか」と尋ねたところ、禅師は「火が眉毛を焼くときだ」と答えた、ということです。

出典 故事成語を知る辞典故事成語を知る辞典について 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

焦眉の急の関連情報