コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

焼きまんじゅう

デジタル大辞泉プラスの解説

焼きまんじゅう

群馬県の郷土菓子。蒸して作った素饅頭竹串に刺し、甘辛い濃厚な味噌ダレを塗って焼いたもの。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

焼きまんじゅう
やきまんじゅう

皮を焼いたまんじゅう、あるいは文様などの焼き目を皮につけたまんじゅう。駿河(するが)屋の木の葉まんじゅうを焼きまんじゅうと称したのが始まりとされる。この仕法は、甘酒皮で漉し餡(こしあん)を小判形にくるんで蒸し、火にかけた銅の平鍋(ひらなべ)にごま油をひいて熱し、まんじゅうの表皮にヒノキの葉をのせ、鍋に伏せて木の葉の形を白く焼き残すものであった。和歌山県では木の葉まんじゅうを古くは「おやき」ともいった。また米作の少ない埼玉県飯能(はんのう)市、群馬県前橋市、沼田市にかけての北関東地方では、焼きまんじゅうを「みそつけまんじゅう」と称してきた。小麦粉とこうじみそをこね、いろりの灰にくべて焼いたのが始まり。やがて餡なしの酒(さか)まんじゅうに、みそをつけて焼いたものが売り出されるようになった。沼田地方では寛保(かんぽう)年間(1741~1744)、飯能地方では文化(ぶんか)年間(1804~1818)から流行した郷土菓子である。[沢 史生]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

焼きまんじゅうの関連キーワード酒まんじゅう孤独のグルメ群馬県式菓子栗饅頭史生

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

焼きまんじゅうの関連情報