焼き菓子(読み)やきがし

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

焼き菓子
やきがし

クッキーやケーキ,どら焼きなど焼くことで香りや味が一層よくなる菓子のこと。仏教の伝来とともに唐菓子が入り,このとき焼き菓子も広まった。さらに,室町時代の終りにカステラボーロなどの南蛮菓子が渡来して,一層発達した。焼き菓子は,平鍋焼,皿範 (かたなべ) 焼,オーブン焼の3種ある。平鍋焼はどら焼や茶通,皿範焼は唐饅頭 (まんじゅう) やワッフル,オーブン焼はカステラ饅頭,くり饅頭,桃山などが有名である。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

技術書典

ITや機械工作などの技術書を専門とする同人誌の即売会。主催は、技術書の同人誌サークル「TechBooster」と技術系電子書籍専門の出版社「達人出版会」。主にコミックマーケットで取り扱われていた技術系...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

焼き菓子の関連情報