コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

南蛮菓子 ナンバンガシ

5件 の用語解説(南蛮菓子の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

なんばん‐がし〔‐グワシ〕【南蛮菓子】

ポルトガル・オランダなどから伝えられた菓子。コンペイトーカステラボーロなど。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

和・洋・中・エスニック 世界の料理がわかる辞典の解説

なんばんがし【南蛮菓子】

室町時代末期から江戸時代初期にかけてポルトガルスペイン・オランダなどから伝わった菓子。キリスト教宣教師が布教に利用したため、急速に普及した。こんにちまで伝わるものに、カステラ金平糖などがある。

出典|講談社
(C)Kodansha 2010.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

なんばんがし【南蛮菓子】

室町末期以後,ポルトガル人,オランダ人などによって伝えられた菓子。キリシタンの宣教師が布教に利用したことなどで普及し,《毛吹草》(1638)には京都の名産の一つに数えられている。小麦粉をはじめ,当時はまだあまり使われていなかった砂糖,鶏卵,油を多用するもので,その新しい味覚は日本人の食生活に大きな影響を与えた。多くの種類があったが,現在も盛んに作られているものにはカステラボーロ有平糖カルメラ金平糖などがあり,ほかに鶏卵をかき混ぜて熱した砂糖液の中に垂らし固める鶏卵素麵(たまごそうめん∥けいらんそうめん)は博多などの名物となっている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

なんばんがし【南蛮菓子】

室町時代に、南蛮人によって伝えられた菓子。金米糖こんぺいとう・カルメラ・カステラ・ボーロなど。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

南蛮菓子
なんばんがし

室町時代の1541年(天文10)ポルトガル船が豊後(ぶんご)(大分県)に漂着して以来、ポルトガル、スペイン、オランダの船が日本に渡来したが、その際、鉄砲や洋酒などとともにもたらされた菓子を総称して南蛮菓子といった。
 南蛮菓子にはビスカウト(ビスケット)、カステラ、コンペイト(金平糖)、アルヘル(有平糖)、カルメル(浮石糖(カルメラ))、ヒリョウス(飛竜頭=がんもどき)、ボウル、玉子素麺(そうめん)、パンなどがあり、キリスト教の宣教師たちは、布教の手段にこれらの菓子を用いたほど、当時の日本では珍重された。とりわけ金平糖などはなかなか製法がわからず、井原西鶴(さいかく)の『日本永代蔵(にっぽんえいたいぐら)』には、金平糖作りに苦心した当時(1688ころ)のようすが描かれている。その金平糖も仕法が解明されると貴重品扱いはされなくなり、有平糖などとともに並菓子になった。またカルメラは製法も簡単なところから早々に駄菓子に転落し、今日では姿をみるのさえまれになってしまった。
 一方、カステラはバターを使わない和風ケーキとして、南蛮菓子から和生菓子に転進を遂げ、現代に至るまで上菓子の座を保っている。また南蛮菓子は地方銘菓にも足跡をとどめた。このうち福岡県博多(はかた)の鶏卵素麺、佐賀の丸芳露(まるぼうろ)、京都の蕎麦(そば)ほうる、愛媛県松山のタルト、広島の和蘭(おらんだ)ばってん棒などは有名である。さらに南蛮菓子の渡来は砂糖漬けの手法をももたらし、多くの地方銘菓を生んだ。[沢 史生]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の南蛮菓子の言及

【ボーロ】より

…室町末期に伝えられた南蛮菓子の一種。ポルトガルの菓子boloのことで,江戸時代には〈ほうろ〉〈ほうる〉〈保宇留〉などと書いた。…

【和菓子】より

…ようかん,まんじゅうともに砂糖を使ったものと使わぬものとがつくられていたが,砂糖はまだ貴重な輸入品であったから,砂糖入りのものはとくに砂糖ようかん,砂糖まんじゅうと,砂糖を冠した名で呼ばれていた。饅頭羊羹
[南蛮菓子の伝来]
 室町末期からポルトガル人などのヨーロッパ人との接触が始まり,彼らによってヨーロッパの菓子が伝えられた。南蛮菓子と呼ばれるのがそれで,カステラボーロ金平糖(こんぺいとう),有平糖(あるへいとう),カルメラなどがおもなものである。…

※「南蛮菓子」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

南蛮菓子の関連キーワードオランダ屋敷出島南蛮船ビードロ紅毛人ダッチ南蛮人ヤーパンオランダ下りオリンダ歴史地区

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

南蛮菓子の関連情報