コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

焼(き)刃 ヤキバ

1件 の用語解説(焼(き)刃の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

やき‐ば【焼(き)刃】

刃(やいば)1

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典内の焼(き)刃の言及

【日本刀】より

…(2)刃文 刃部の灰白色にみえるところは焼きを入れた結果できたもので,これと地との境目は白くはっきりと浮き出ている。これを刃文(焼刃)という。刃文を構成している粒子が〈沸(にえ)〉と〈匂(におい)〉であって,ひじょうに細かくて肉眼で見分けられないほどのものを匂といい,銀砂子をまいたように粗い粒のものを沸といって区分するが,要は粒の大小の差であって,科学的には同じ組織である。…

※「焼(き)刃」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone