コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

焼準し やきならし normalizing

1件 の用語解説(焼準しの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

やきならし【焼準し normalizing】

鋼の熱処理の一種。鋼をオーステナイトになる温度まで加熱して十分にオーステナイト化し,その後大気中で放冷(空冷)程度の速度で冷却して,層間隔の細かいパーライトを生成させる操作をいう。加熱‐冷却の2回の相変態によってフェライトとパーライトの結晶粒が微細化し,高温に保たれるために合金元素の分布が均一化する。その結果,強度,延性などが上昇し,鋼材の部分的あるいは方向による性質の差が少なくなる。この操作は,炭素含有量およそ0.5~0.9重量%の炭素鋼や,鋳造したままで塑性加工をせずに使われる鋼(鋳鋼)の熱処理として,とくに重要である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

焼準しの関連キーワードオーステナイトステンレス鋼セメンタイト熱処理熱処理炉カルステナイトオーネックスアイ・シイ・エス浜松熱処理工業熱処理 (heat treatment)

今日のキーワード

太陽系外惑星

太陽以外の恒星を回る惑星。その存在を確認する方法として、(1)惑星の重力が引き起こす恒星のわずかなふらつき運動を、ドップラー効果を用いて精密なスペクトル観測により検出する、(2)惑星が恒星の前面を通過...

続きを読む

コトバンク for iPhone