コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

焼準し やきならしnormalizing

世界大百科事典 第2版の解説

やきならし【焼準し normalizing】

鋼の熱処理の一種。鋼をオーステナイトになる温度まで加熱して十分にオーステナイト化し,その後大気中で放冷(空冷)程度の速度で冷却して,層間隔の細かいパーライトを生成させる操作をいう。加熱‐冷却の2回の相変態によってフェライトとパーライトの結晶粒が微細化し,高温に保たれるために合金元素の分布が均一化する。その結果,強度,延性などが上昇し,鋼材の部分的あるいは方向による性質の差が少なくなる。この操作は,炭素含有量およそ0.5~0.9重量%の炭素鋼や,鋳造したままで塑性加工をせずに使われる鋼(鋳鋼)の熱処理として,とくに重要である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

焼準しの関連キーワード焼入れ

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android