コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

煽火 せんかlifting

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

煽火
せんか
lifting

逆火 (ぎゃっか) と反対の現象で,ガスの噴出速度が燃焼速度より大きくなり,炎がバーナから浮上がってある距離をへだてた空間で燃える現象をいう。原因として次のことが考えられる。 (1) 供給ガスの燃焼速度が遅くなる,(2) バーナが古くなり,炎孔が詰ってその有効面積が小さくなり,バーナの内圧が高くなってガスの噴出速度が速くなる,(3) ガス圧が高すぎてガス量が出すぎる。また,燃焼廃ガスの排出が不十分な場合にも同じような現象が起るが,これは2次空気の供給が不十分なために生じる不完全燃焼である。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

煽火の関連キーワードガス器具

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android